どのメーカーもデメリットを少なくしようと色々な研究を重ね、屋根材は日々進化しています。

昔ながらの瓦は1㎡あたり約50kgでしたが、軽量瓦は1㎡あたり約35kg~40kgになりました。ケイミューから発売されている「ROOGA」は、樹脂繊維混入軽量セメント瓦で1㎡あたり約23kgです。

「ガルバリウム鋼板」は金属で出来ているため、錆に弱く沿岸地域には向いていないとされていました。現在では「スーパーガルバリウム鋼板」が開発され、沿岸部も保証対象地域となり、穴あき保証は25年となっています。

いままで紹介してきた屋根材を全て比較して、わかりやすいよう一覧表にしました。寿命やメンテナンスの有無などは、何を基準にするかによって変わってくるので、参考程度にご覧ください。

注意

屋根材の寿命は、材質そのものの寿命を表しています。「瓦」や「銅板」は50年以上持つと言われていますが、屋根の下にある「防水シート」や「雨樋」にも寿命があります。50年以上メンテナンス不要という意味ではないので、注意しましょう。

Meiちゃん

人によって価値観も考え方も変わるから、気になる素材の詳細はメーカーに問い合わせてみてね!

現在流通している主要な屋根材6つ

スレート
ガルバリウム銅板
金属瓦
ジンカリウム銅板
アスファルトシングル

現在はあまり流通していない屋根材7つ

天然スレート
セメント瓦/コンクリート瓦
ステンレス
チタン
トタン
銅板

主な屋根材の商品名 早見表!

現在流通している屋根材をまとめました。メーカーも種類もたくさんあるので抜粋しています。