瓦屋根を軽くすると、耐震性があがる?

「瓦屋根は重いから地震の時に落ちて危ない。軽い素材に変えた方がいい」というのを聞いたことはないでしょうか。

実際、地震力は建物の重さに比例することから、屋根材は軽い方が有利というのは事実です。しかし、大きな地震で倒壊している家のほとんどは構造が脆弱な家地盤の弱い土地に建っていた家ばかりなんです。

耐震性UPのために「瓦屋根」から「軽い屋根材」にリフォームしたとしても、壁や柱・土台が傷んでいたり、旧耐震基準で建てられたりしている場合は、十分な耐震性を発揮することは出来ません。

つまり耐震性は、屋根だけの問題ではないのです。

住宅を地震から守るために大切なこと【その1】

地震が起きたとき、同じ地域なのに被害状況が大きく異なることがあります。それはその土地の地盤が影響しているからです。

地震に弱い地盤は、地震が起こった時に液状化現象が起こりやすいと言われています。

耐震性UPのために、まずは住んでいる場所の地盤を確認することをオススメします。

液状化のイメージ

住宅を地震から守るために大切なこと【その2】

国民の生命や財産を守るため、一定の強さの地震に耐えられる構造の建物が建築されるように「耐震基準」や「建築基準法」があります。

「建築基準法」は1950年(昭和25年)に制定されました。「耐震基準」は1971年(昭和46年)、1981年(昭和56年)、2000年(平成12年)の3回にわたって大きな改正が行われました。

ポイント
  • 1981年(昭和56年)5月31日までに確認申請を受けた ⇒ 旧耐震基準
  • 1981年(昭和56年)6月1日以降に確認申請を受けた ⇒ 新耐震基準
  • 2000年(平成12年)以降 ⇒ 2000年基準/改正新耐震住宅(木造の耐震基準を強化)

1981年に耐震基準が大幅に見直され、屋根の重さを考慮した構造計算が義務付けされました。屋根重量に応じた壁量・柱・梁の太さ・強固な基礎等が確保され、以前よりも約1.4倍の壁量が必要になりました。
ただ、本来の日本家屋は瓦の重さに耐えられるよう太い柱や梁を使って建てられていたため、1981年以前に建てられた家でも耐震性に問題のないものも多く存在します。

1981年より前に建てられたお家は、市によっては補助金が出るので、「住宅の耐震診断」の検討を強くお勧めします。

1995年 阪神・淡路大震災

7月17日、兵庫県南部を震源とした地震発生。

日本で初めての大都市直下を震源とする大地震で、気象庁の震度階級に震度7が導入されてから初めて、最大震度7が記録されました。

1981年以前の旧耐震基準」で作られた住宅と「1981年からの新耐震基準」で作られた住宅とでは、被害に大きな差が出ました。

これにより、新耐震基準の有効性が明らかになりました。

耐震基準とは異なる「耐震等級」

「耐震基準」とは別に、「耐震等級」があります。これは、2001年に施行された「品格法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」にて規定された耐震性能の指標のことで、耐震基準とは異なる法規によって定められています。

「耐震基準」と「耐震等級」の最大の相違点は、耐震基準は人命を守ることを目的としているのに対し、耐震等級は人命に加えて住宅を守ることが目的となっています。

2016年 熊本地震

気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜および4月16未明に発生。

熊本県益城町で揺れの大きさは計測震度6.7で、東日本大震災の時に宮城県栗原市で観測された計測震度6.6を上回り、国内観測史上最大となりました。

熊本地震では、「2000年基準」で作られた住宅1割のうち、3~4割が倒壊・大破しました。

耐震等級2で設計された住宅では、1階部分の崩壊が見られました。耐震等級3以上で作られた住宅は、大した被害がありませんでした

「耐震等級」を満たしていなくても、「耐震基準」が満たされていれば建築可能なので、ご自身の家が耐震等級を満たしているか調べることをお勧めします。

住宅を地震から守るために大切なこと【その3】

木造住宅の場合、建物の耐震性には木材の強度が強く関わってきます。そして、その木材の強度に関わるのが「水分」です。

床下の土中水からの湿気・浴室からの漏水・屋根や外壁面の結露・雨漏りなどによりカビや蟻害、腐朽菌が発生します。

カビは木材の強度には関わりませんが、住宅内に発生するカビはアレルギー症※真菌症(しんきんしょう)の原因になります。

木材の強度低下を防ぐため、そして住民の健康を守るため、建物を水分から守りましょう!!

真菌症(英:mycosis)とは、外部の真菌あるいは常在する真菌類がヒトや脊椎動物の組織内に侵入し、異常に増殖して発症する疾患である。代表的な真菌症として白癬菌による白癬(水虫、たむし、およびしらくも)やカンジダによるカンジダ症、クリプトコックスによるクリプトコックス症、アスペルギルスによるアスペルギルス症などが知られている。

ウィキペディアより

住宅を地震から守るために大切なこと【その4】

明治から昭和初期までは、瓦屋根の固定には水で練った土が使われていました(土葺き工法)。昔はあえて瓦を落下させて地震から住宅崩壊を防ぐという考えがあったようです。

関東大震災を境に、土を使って固定する工法から、桟木(さんぎ)を設置しそこに瓦を引っ掛けて固定する「引っ掛け桟瓦葺き(ひっかけさんかわらぶき)」という工法が主流となりました。

30年くらい前は瓦4枚に対して1本釘を打っていました

瓦を剥ぐと、桟木があります
瓦屋根を葺き替えた方がいいかどうかは・・・

〇瓦が釘止めしてあるかどうか

〇雨漏りなどで壁や柱、土台が傷んでいないかどうか

の上記2点がポイントです!

瓦が釘止めしていないお家は、地震の時に瓦が崩れたり飛んでいってしまう可能性があります。

防水シートが劣化して雨漏りすると、壁や柱・土台が傷んで建物の強度が保てなくなります。

Meiちゃん

大きな地震はいつ起こるかわかりません。瓦屋根の方は、瓦が釘止めされているかどうか専門業者に調べてもらうことをお勧めします。