屋根点検の業者さんを呼ぶと、「屋根にのぼって写真を撮影する会社」「ドローンで写真を撮影する会社」「のぼらずに写真を撮影する会社」など様々な対応があります。

屋根にのぼった方が良いか、のぼらない方が良いか、考え方は人によって異なり賛否両論あります。

屋根にのぼって確認する方法

屋根の点検で一番多いのは、直接のぼる方法だと思います。

直接目で見て確認することが出来るなどの利点がありますが、専門業者でも足場がない状態でのぼるのはとてもリスクを伴います。

社長が登っているところ
屋根にのぼる理由

〇野地板の状態を、足で踏んだ感覚で確認する(よっぽど傷みがないとわかりずらい)

〇割れや欠けを目で直接確認できる

〇応急処置が行える

〇パフォーマンス(のぼる必要が無くてもむやみやたらにのぼり、専門業者っぽさをアピールする)

のぼらない方が良い理由

〇のぼることで、屋根材が割れたり欠けたりする場合がある

〇屋根材を踏むことで、さらに傷めてしまうことがある(パミールやコロニアルNEOなど)

〇屋根材をわざと壊して写真を撮り、工事をするように催促する業者がいる

〇何も問題ないのに、違う家の壊れた写真を見せたりする業者がいる

〇足場がない屋根をのぼるのは、専門業者でも落下する可能性がある

〇はしごが倒れて外壁を傷つける可能性がある

厚生労働省 No more! 墜落・転落災害 @建設現場

厚生労働省の発表によると、建設業における死亡災害の4割以上が墜落・転落災害だったそうです。

また、墜落・転落災害の発生場所は屋根・梁等が一番多くなっています。

厚生労働省 HPより

Meiちゃん

何も知識がない人が屋根にのぼるのは大変危険です!落ちたら命に関わる事態になりかねません。屋根の点検は専門業者に相談しましょう。

ドローンで撮影する

近年では、ドローンで屋根の点検を行う業者もいます。

屋根にのぼらずに写真を撮ることができますが、航空法など守らなければならないルールがたくさんあり、どのお家もドローンで撮影することが出来る訳ではありません。

良い点

〇屋根にのぼらない

〇真上から写真を撮ることができる

〇人では近づけない場合も撮影できる

悪い点

〇飛ばせない場所がある(小型無人機等飛行禁止法に定める地域、電線が多い、建物密集地域、電波が入らないなど)

〇天候や風向きに左右される

〇音がうるさい

〇航空法がある(航空法で定める区域の場合、飛行に関して事前の許可が必要)

〇応急処置ができない

国土交通省 ドローンの飛行ルール

ドローンの飛行には、国が定めるルールを守らなくてはなりません。

国土交通省 HPより
Meiちゃん

飛行ルールや天候など考えることがいっぱいで、ドローンを気軽に使うのは難しそうだね・・・

やねかべマイスターは、基本的にのぼりません

やねかべマイスターでは、長い棒(高所撮影用一脚)にカメラをつけて写真を撮り、屋根の状態を確認します。カメラの性能がとても優れているので、目で見たときと同じように屋根の状態を確認することが出来ます。

こんな感じの写真が撮れます

高所撮影用一脚を使うと、屋根にのぼって撮った写真よりも全体を俯瞰(ふかん)して撮ることが出来ます。 また、家の周辺まで写るため今その場で撮った自分の家の写真を確認することが出来ます。

屋根に登って撮った写真

こちらは屋根にのぼって撮った写真です。

屋根との距離が近いため全体を撮るのが難しいのと、撮る方向によっては人影が写ってしまいます。

こんな時は、のぼることもあります!

〇応急処置を行う必要があるとき

〇屋根の形状がとても複雑なとき

〇屋根の傷み具合を直接確認する必要があるとき

〇Bi Rod(高所撮影用一脚)を使用できないときなど

Meiちゃん

現地調査で撮った写真は、その場ですぐにiPadを使ってお見せしています。
iPhoneの場合は、AirDropでデータをお渡しすることも可能です!