屋根のこけ・カビ・色あせ

コケ」は基本的には水分・湿気を好みますが、植物なので、日当たりが良い場所でも繁殖する種類があります。光合成を行えるので、水分さえあれば栄養がなくても生息可能です。

屋根の塗膜が無くなると、水はけが悪くなったり、表面がザラザラしたりします。つまり屋根の撥水効果が無くなるとコケが繁殖しやすくなのです。

また、家の周りに川などの水辺や森林・畑などがある場合はよりコケが発生しやすくなります。

カビ」も水分と湿気を好みますが、コケと違って日陰を好み、栄養がないと繁殖できません。

カビの繁殖も、屋根塗膜の劣化による防水機能の低下です。

コケと同様に、家の周りに川などの水辺や森林・畑がある場合は、土などの栄養分が豊富なのでカビが繁殖しやすくなります。

屋根の色あせ」は、見た目が悪いだけではなく、屋根材の塗膜劣化のサインです。屋根の色あせを放置しておくと、防水効果の低下に伴いコケやカビが発生する可能性が高くなります。

ポイント

「こけ」「カビ」「色あせ」は全て屋根材の塗膜劣化サインです!!

このまま放置しておくと、屋根材の劣化が進み、雨漏りやシロアリ被害など建物に影響を及ぼす可能性があります。

Meiちゃん

やねかべマイスターでは、屋根の塗装はお勧めしていません。その理由はこちら

こけ カビ 色あせ の対処法はこちら

①カバー工法

カバー工法」とは、「重ね葺き(かさねぶき)」とも呼ばれスレート屋根や、アスファルトシングルのリフォーム用に考案された工法です。

カバー工法の平均施工日数(足場組立を含む)
は、屋根の形状や天候にもよりますが、約1週間~10日間です。

※既存屋根の状態や種類によっては、葺き替えができなかったり、ルーフィングの前に「構造用合板」を貼ったりします。

カバー工法のもっと詳しい情報はここをクリック

②葺き替え工法

葺き替え工法」は、すでに葺かれている屋根材をはがして、新しい屋根材に替える工法です。

カバー工法が出来ない「瓦屋根」や「瓦棒」「劣化が酷すぎるスレート屋根など」を金属屋根や他の屋根材に葺き替える時にこの工法を使います

もちろん、金属屋根やスレート屋根でも「既存の屋根を残したくない」「屋根の重さが気になる」などの理由で、カバー工法ではなく葺き替えを選ぶことが出来ます。

葺き替え工法のもっと詳しい情報はここをクリック

Meiちゃん

この先のメンテナンスを考えると、屋根塗装より金属屋根にした方がお得だよ♪