Meiちゃん

「スレート」は大きく6種類に分けることができるよ

  •  天然スレート
  • 【アスベスト含有】人工(化粧)スレート(カラーベスト、コロニアル、フルベスト)
  • 【ノンアスベスト】人工(化粧)スレート(カラーベスト、コロニアル、フルベスト)
  • 【アスベスト含有】セメント瓦
  • 【ノンアスベスト】セメント瓦(厚形スレート、プレスセメント瓦)
  •  乾式コンクリート瓦(モニエル瓦、パラマウント瓦、スカンジア瓦など)

天然スレート

明治時代に海外から輸入された「天然スレート」。

天然スレートは、粘板岩(ねんばんがん)と呼ばれる地殻変動による変成作用(高温・高圧)によってできた岩石です。薄い板状に割れやすい泥質で、屋根用に加工しやすいことが特徴です。

日本でも同じ時期に、宮城県三陸沿岸で採れる「玄晶石」という天然スレートを屋根材に使うようになりました。(玄晶石は室町時代から「すずり」や「砥石」に使われていました)

天然スレートはとても高級で、お寺や迎賓館など歴史的建造物に多く使用されています。

神戸北野異人館 天然スレートの魚鱗葺
良い点

〇石そのものの色合いや風合いを生かし、高級感や重厚感を出せる

〇割れない限り、耐用年数が長い

〇高い防火性と防水性がある

悪い点

〇天然の石をつかっているため素材が高い

〇施工に高度な技術が必要なため、施工費用が高額

〇重量が重いので耐震性に不安がある

【アスベスト含有/ノンアスベスト】人工(化粧)スレート

人工(化粧)スレートは、JIS名称を「住宅屋根用化粧スレート」と言います。

セメントに繊維素材などを混ぜて厚さ5ミリ程度に薄く伸ばし固め、塗料で着色した天然スレートの模造品です。

商品名で「カラーベスト」「コロニアル」「フルベスト」と呼ばれたり、天然スレートと区別するために「人工スレート」と呼ばれたり、「色彩石綿板葺き」と呼ばれたりしますが、どれも同じ「住宅屋根用化粧スレート」のことです。

1961年(昭和36年)、旧クボタがカラーベストの「コロニアル」を商品化しました。1971年(昭和46年)には、旧松下電工が「フルベスト」の販売を始めました。

1995年(平成7年)、阪神淡路大震災の後、屋根の軽量化と耐震性を重要視され「スレート」が多く用いられようになりました。

アスベストが問題視される2004年まで、強度を上げるため「石綿(アスベスト)」を入れて作っているものが多くありました。

良い点

〇価格が安い

〇軽量で耐震性が高い

〇防火性に優れている

〇施工できる業者が多い、工期が短い

〇カラーバリエーションが多い、デザインが豊富

悪い点

〇気候や人の重さでひび割れしやすい

〇劣化しやすい(退色、滑落)

〇コケやカビが生える

〇冷害に弱いので、寒冷地には不向き

〇定期的な補修や、10~15年程度を目途に塗装などのメンテナンスが必要

石綿(アスベスト)の法規制を受ける屋根材

アスベストの規制は段階的に行われていったため、どのスレートにアスベストが入っているかは一覧表を見ないとわかりません。2006年に全面禁止となったものの、しばらくは在庫が流通していたと思われます。

1937年
(昭和12年)
アスベストの調査が行われ「石綿肺」の発症が確認される
1975年
(昭和50年)
特定化学物質等障害予防規則の改正」が施行され、アスベストの含有率が5%を超える吹き付け作業が禁止される。
2004年
(平成16年)
代替が困難なものを除くすべての石綿製品の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止される。しかし、重量の0.1%以下を含有する白石綿は認可。
2005年
(平成17年)
「クボタショック」が起こる。健康被害として社会問題になる。
2006年
(平成18年)
石綿の含有量が重量の0.1%を越えるものの製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止される。(実質的な全面禁止)

下記は、ケイミュー株式会社が発表している【アスベスト含有】人工スレートの一覧表です。

アスベスト

石綿(アスベスト)の法規制を受けない屋根材

アスベスト含有スレートの製造は2004年(平成16年)に完全禁止となりましたが、それより前の2001年(平成13年)前後から、アスベストを含まないスレートが作られるようになりました。

下記の表は法規制を受けない屋根材の一覧です。

アスベスト

塗装が出来ない!ノンアスベスト人工スレート

コロニアルNEO

ノンアスベストの切り替え時期となった2000年頃(平成12年)、アスベストを抜いて作られた「一部の人工スレート」は強度がとても低くなってしまいました。

これらのスレートは、築8~10年位すると、無数のひび割れや大きな欠けが目立つなどの不具合が報告され、現在では製造が中止されています。

下記はその代表的な製品の一覧です。

製品名メーカー製造期間
コロニアルNEOクボタ2001年~現在は製造中止(明確な年月不明)
アーバニーグラッサクボタ2001年~2005年
ザルフグラッサクボタ2001年~2005年
レサス松下電工1999年~2006年
シルバス松下電工2001年~2003年
セキスイかわらU積水屋根システム1990年~2007年

これらの製品は、屋根材自体が劣化=寿命を迎えてしまっているので、塗装をしても表面の剥離を止めることは出来ません。※物件によって劣化症状が異なるので、塗装出来るかどうかはお問い合わせください

ニチハ製造のパミール

いくつかあったノンアスベスト不具合の中で、最も被害が顕著だったのがニチハの「パミール」です。

表面がめくれたり、欠けたり、そってしまったり、先端がミルフィーユ上に劣化して層間剥離を起こしたりします。

この製品は1990年(平成2年)に発売され、1996年(平成8年)にマイナーチェンジを行い、2008年まで製造されていました。

1996年(平成8年)、世の中はちょうどノンアスベストの切り替え時期となっていたため、「パミール」もノンアスベストのせいで不具合が出たとされていますが、ニチハのHPによると、1981年(昭和56年)5月に「無石綿化」を宣言しており、「パミール」の不具合がノンアスベストと関係があるのかは不明です。

※ニチハに直接問合せてみたところ、『ニチハは1996年のマイナーチェンジ前も「ノンアスベスト」で製造していた』と回答を得ました

【アスベスト含有/ノンアスベスト】セメント瓦(厚形スレート、プレスメント瓦)

セキスイかわらU

セメント瓦」とは、セメントと川砂を混ぜて型に入れて成形し、塗装したものを言います。

「瓦」と名前が付きますが、焼いていないので、瓦ではなく「スレート」になります。

セキスイかわらU」は「パミール」同様、ノンアスベストにしたことで脆弱性が指摘される屋根材ですが、ノンアスベストになる前はアスベストが入っていました。

厚形スレート」は、第二次世界大戦中に石綿の配給が止まった時、「アスベスト入りセメント瓦」の代わりとして作られました。

セメントに水や骨材を混ぜ、型枠で高圧プレス成型し、塗装して作ります。高圧でプレスするため、製造会社によっては「プレスセメント瓦」と呼びます。

通常のスレートの厚さは5ミリ程ですが、「厚形スレート」の場合は通常の3倍=15ミリ程にします。密度を高めることと厚みを増すことで強度を出しています。

厚型スレートの屋根

「セメント瓦」は現在、陶器瓦との価格差があまりなくなり耐久性も劣るため製造が中止されています。

樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦

「セメント瓦」は現在製造されていませんが、次世代のセメント瓦としてケイミュー株式会社から「ルーガ」が発売されています。「樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦」と呼ばれ、瓦の重厚感はそのままに、重量を1/2以下に軽量化。強い衝撃でも割れにくい特徴がある瓦です。

良い点

〇瓦より軽い

〇地震に強い

〇衝撃に強い

〇雨水に強く、雨漏りしにくい

〇乾式工法で風や台風に強い

悪い点

〇金属屋根に比べて割れやすい

〇金属屋根より重い

〇裏打ち断熱が無いため、断熱効果が少ない

〇他の屋根材に比べて高額

乾式コンクリート瓦

旧日本モニエル社が製造・販売していたモニエル瓦

乾式コンクリート」とは、セメントと水と骨材を混合し、押し出し成形したのち、「着色セメントスラリー塗装」と「クリアー塗装」を施し養生した瓦のことを言います。「モニエル瓦」「パラマウント瓦」「スカンジア瓦」などメーカーによって呼び名が変わりますが、これらは全て乾式コンクリート瓦です。

「セメント瓦」と「乾式コンクリート瓦」の違いは、瓦の淵で見分けます。淵が滑らかなのが「セメント瓦」、凹凸がありギザギザしているのが「乾式コンクリート瓦」と言われています。

良い点

〇防水性と断熱性が高い

〇遮音性や防音性に優れている

〇デザインが豊富

悪い点

〇重量が重い

〇メンテナンスに注意が必要(着色スラリー塗装とクリアー塗装をしているため専用の塗料を使う)

Meiちゃん

スレート瓦は材料や製造方法が違うと名前が変わってしまうから、見分けるのがとっても難しいよ~